寺子屋心理カウンセリングルーム
寺子屋心理カウンセリングルーム
東京・新宿/群馬・前橋
寺子屋心理カウンセリングルーム


 寺子屋心理カウンセリングルームについて
 心理カウンセリングとは
 心理カウンセラー紹介
 料金と予約について
 カウンセリング場所
 講座やセミナーのご案内
 企業講演会・研修会の依頼案内
 Q&A
 アダルトチルドレン関連書籍紹介
 心理系のエッセイ
 心理学講座
 寺子屋心理カウンセリングルームの特徴
 その他のお仕事
 所長のブログ

 子供を叱るときの注意

子供を叱るときに注意することがあります。

それは何かといいますと、子供の人格を否定するような叱り方をしないということです。

例えば、子供が動物をいじめていたとしましょう。

そんなとき親から「なんでお前はそんなに性格の悪い人間なんだ」と言われたら子供はどんな気持ちになるでしょうか。

この子供には「動物をいじめるのはよくない」ということを伝えればいいのであって、子供の人格を否定する必要は無いのです。

そしてこのような子供の人格を否定する言葉は、子供の為の言葉ではなく、親が自らの感情にまかせて発している言葉なのです。

つまり、親は子供を叱っているのではなく、子供に怒っている状態なのです。

ですから子供を叱るときには「おまえは○○だ」という言い方ではなくて「○○するのはよくない」という言い方をすることが大切です。

さらにできれば、良い悪いではなくて子供と一緒に考えられれば最高です。

「あのワンちゃんの気持ちはどんなだったかなぁ」「○○ちゃんだったらどんな気持ちになる?」「もしお母さんだったら悲しくなっちゃうけど、○○ちゃんはどう?」などと一緒になって考えてみることです。

このとき子供を誘導しないように注意してください。子供が親の意にそぐわない回答をしてもとりあえず受け入れてあげましょう。あとになって自分で考え直すことだってあるからです。もしその前に考えを改めさせようとすると反発します。

いずれにしても、人格を否定するような叱り方はしないというのは大切なことですので、覚えておいてください。

寺子屋心理カウンセリングルーム 
東京事務所 〒160-0007 東京都新宿区荒木町6番地42 AGビル2F
群馬事務所 〒371-0244 群馬県前橋市鼻毛石町1991-40
お問い合わせ・ご予約は携帯へ直接どうぞ 090-3084-4647 (受付時間 AM7:00〜PM11:00 年中無休)
   | e-mail  mental@xp.wind.jp | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 |
Copyright (C) 2003 寺子屋心理カウンセリングルーム All Rights Reserved