寺子屋心理カウンセリングルーム
寺子屋心理カウンセリングルーム
東京・新宿/群馬・前橋
寺子屋心理カウンセリングルーム


 寺子屋心理カウンセリングルームについて
 心理カウンセリングとは
 心理カウンセラー紹介
 料金と予約について
 カウンセリング場所
 講座やセミナーのご案内
 企業講演会・研修会の依頼案内
 Q&A
 アダルトチルドレン関連書籍紹介
 心理系のエッセイ
 心理学講座
 寺子屋心理カウンセリングルームの特徴
 その他のお仕事
 所長のブログ

 感謝の言葉が自己評価を高める

子供の自己評価を高めるもっとも有効な方法は、親が子供に感謝の気持ちを示してあげることです。

子供は自分が行った行為を自分自身で評価する事ができません。

ですから、自分の行った行為が世の中にどのように評価されたかということが、その子にとってとても大きな意味を持ちます。

自分の行った行為が世の中に高く評価されれば、その子自身とても嬉しく感じますし、意欲も湧いてきます。

一方、自分の行った行為が低く評価されたり、行為に対して関心を示されなかったりすると、自分のやったことは価値の無いことと感じます。

そして子供にとっての最初の世の中は親です。

つまり小さな子供にとっては親が世界の全てなのです。

ですから子供にとって、親に高く評価されるということは、全世界に高く評価されるということであり、親に評価されないということは、全世界に評価されないということなのです。

自己評価の低い子供は「どうせ自分なんか何の役にもたたないんだ」「自分なんかいてもいなくても同じなんだ」と思っています。

どうして自己評価が低くなるかといえば、親に評価してもらえなかったか、親は評価しているんだけどそのことを親が子供に伝えなかったからです。

親が子供に対して感謝の気持ちを伝えることで、子供は「自分は親の役に立ったんだ」と感じるようになります。そして「自分は価値のある存在なんだ」と感じることができるようになります。

つまり、「自分はこの世界で役に立つ存在なんだ。価値のある存在なんだ」と自己評価が高くなっていくのです。

具体的には、親が子供に対して「ありがとう」「助かるよ」という感謝の言葉を言ってあげるわけです。

人間には「役に立ちたい」という本能的な欲求があります。これは大人も子供も同じです。

子供にとっては最も身近な存在である自分の親の役に立ちたい、親の喜ぶ顔をみたいという欲求があり、その欲求が満たされることで、こころの満足感が得られます。

親が子供に対して感謝の言葉を言うということは、子供の存在価値を認めるということであり、「この世界が君の価値を認めているよ、君を必要としているよ」ということを伝えることなのです。

こうした感謝の言葉を伝えもせずに「この世の中に必要の無い人間なんて存在しない。価値の無い人間なんていないんだ。だから君だって価値があるんだ」などといくら言ったところで子供の自己評価は高くなりません。

子供の自己評価を高めるものは、子供にとって最も身近な存在である親からの感謝です。ですから、子供にはできるだけ感謝の言葉をかけてあげてください。

寺子屋心理カウンセリングルーム 
東京事務所 〒160-0007 東京都新宿区荒木町6番地42 AGビル2F
群馬事務所 〒371-0244 群馬県前橋市鼻毛石町1991-40
お問い合わせ・ご予約は携帯へ直接どうぞ 090-3084-4647 (受付時間 AM7:00〜PM11:00 年中無休)
   | e-mail  mental@xp.wind.jp | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 |
Copyright (C) 2003 寺子屋心理カウンセリングルーム All Rights Reserved