寺子屋心理カウンセリングルーム
寺子屋心理カウンセリングルーム
東京・新宿/群馬・前橋
寺子屋心理カウンセリングルーム


 寺子屋心理カウンセリングルームについて
 心理カウンセリングとは
 心理カウンセラー紹介
 料金と予約について
 カウンセリング場所
 講座やセミナーのご案内
 企業講演会・研修会の依頼案内
 Q&A
 アダルトチルドレン関連書籍紹介
 心理系のエッセイ
 心理学講座
 寺子屋心理カウンセリングルームの特徴
 その他のお仕事
 所長のブログ

 放置された子供には強い怒りの感情が生まれる

「抱ぐせをつけてはいけない」とか「甘やかしてはいけない」ということでワザと赤ちゃんを放置しておく人がいますが、これはちょっと危険です。

赤ちゃんはお腹が空いたとき、不快な思いをしているとき、不安なとき、淋しいときなどに泣くという方法でメッセージを送ります。

そんなときにすぐに抱っこしてあげたり、頭を撫でてあげたりすれば、赤ちゃんは「安心」します。

しかし、放置するとどうなるでしょうか。

赤ちゃんは不安になり、恐怖を感じるようになります。

赤ちゃんは親(大人)に見捨てられたら生きていけないということを本能的に知っています。

ですから、自分がメッセージを送っているにもかかわらず放置されるということは生死にかかわる恐怖なのです。そのため、放置された赤ちゃんはより大きな声で必死に泣くのです。

そして同時に「ボクがこんなに泣いているのにどうして誰も助けてくれないの」という怒りの感情が芽生えます。

このときの怒りの感情はとても強いものです。大人だって、自分を見殺しにした相手には怒りを感じると思います。しかも、赤ちゃんは状況を理屈で理解するなんていうことはできません。ですから怒りの感情はそのままダイレクトに心に残るわけです。

こうして蓄積された怒りの感情は、その子の後々の問題行動の種となります。

ですから、赤ちゃんが泣いているときには、出来るだけ早く抱っこしてあげるなどして、赤ちゃんに安心感を与えてあげる事が大切です。

寺子屋心理カウンセリングルーム 
東京事務所 〒160-0007 東京都新宿区荒木町6番地42 AGビル2F
群馬事務所 〒371-0244 群馬県前橋市鼻毛石町1991-40
お問い合わせ・ご予約は携帯へ直接どうぞ 090-3084-4647 (受付時間 AM7:00〜PM11:00 年中無休)
   | e-mail  mental@xp.wind.jp | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 |
Copyright (C) 2003 寺子屋心理カウンセリングルーム All Rights Reserved